手作りスムージーで集中力アップ!

こんにちは!よがかもです!

今回は、集中力が上がらない方へ、食事法としてお勧めしたいのが、手作りスムージーを作ることです!

集中力が下がってしまう行動をいくつか紹介したあと、

食事をスムージーなどのお腹に優しいものに切り替えることがなぜ集中力アップに結び付くのか?

そして、私が毎日作っているスムージーの作り方を、材料や分量の目安、必要な道具などをお伝えしたいと思います。

今回お伝えすることをしっかり実践すると、

集中力が高まり、自分のやりたいことに精一杯取り組むことができるようになります。

それでは行ってみましょう!

集中力が下がる行動

普段の生活の中で、無意識に行っている行動が、あなたの集中力を奪っている可能性があります。

その中で特に有害なものをいくつか紹介します。

白米や麺類、パンなど、炭水化物が多く含まれる食事を摂る。

え!?と思われる方もいるかもしれませんが、私たちが主食として摂取している白米は、私たちの集中力を下げている可能性が高いです。

ご飯を食べた後、急激に心拍数が上がって、そのあと30分くらい経過した後、睡魔に襲わたことのある経験はありませんか?

白米やパン、麺類(白い麺)は、高GI(Glycemic Index)グリセミック指数と言われる、食品の一つです。

GIとは、食品を摂取した後にどれだけ血糖値が上がるかを示す指標なのですが、

かなり高い数値を持っているため、血糖値の上昇と下降に伴い、人体に強めの負荷がかかります。

それによって、脳みそへの血液の流入が減り、集中力が下がってしまうのです。

余計な考え事やネットサーフィンをする

あなたにとって本当に大切なことは何ですか?

何か新しいことを始めたり、家族サービスをしたり恋人と良い関係を築くためには、日ごろのストレスや疲れをリセットする習慣が必要です。

しかし、余計なことを考えたり、スマホでネットサーフィンやSNS、Instagramなどの魅力的なコンテンツに注意力を奪われていると、頭の中を整理できなくなります。

思考をあえてしない時間を作ったり、瞑想を行う習慣を意識的に取り入れていくことで、集中力を取り戻すことができるようになるでしょう。

なぜスムージーが集中力を上げるのか?

先ほどお伝えしたように、私たちの通常の食事では、集中力を奪われやすいのです。

なので、朝食をスムージーとナッツなどのヘルシーで軽い食事に切り替えるなどして、朝の時間を有意義でフレッシュに過ごしてみてはいかがですか?

私が毎日作っているバナナブルーベリーソイミルクの作り方

材料と分量

◎一人分の材料

●バナナ:1本

輪切りにします。

●ブルーベリー:10粒ほど(お好きな量)

冷凍のもの(お勧めはDole)。

解凍はしなくても大丈夫です。(程よいシャリシャリ感がだせます。)

●アーモンド:10粒ほど(お好み)

おすすめは、生のアーモンドです。

※素焼きは生に比べて酵素が減ってしまいますので、あまりお勧めしません。

●無調整豆乳:100㎖位(これもお好みで調整可)

調整豆乳は糖分や甘味料が入っているので不可。

豆乳アレルギーの方は牛乳で代用しても大丈夫です。

●レモン汁:10滴くらい

バナナの成分が黒く変色するのを防ぎ、新鮮さを長持ちさせることができます。

酸味がもっと欲しい方は、多めに入れても大丈夫です。

オプション

氷:お好みに合わせて入れると、少しシャーベット感を出せます。

真夏日におすすめ!

必要な道具

コメント

タイトルとURLをコピーしました